第18話 癒しの声

クロとチュウちゃんは
さんちゃんとみーちゃんのいる地で
しばらく過ごしました。
リーダーのさんちゃんに
食料の調達やら危険な時の逃げ方を
教えてもらいました。

ムードメーカーの
さんちゃんの周りは
いつも和やかでした。
クロは、さんちゃんと

友達になりました。
そして。。。
クロはみーちゃんと恋に落ちました
(実は、さんちゃんも
 みーちゃんが好きでした)

星がたくさん降る夜。
クロにお告げがありました。
この地を離れるときが来ました。

さんちゃん、みーちゃんに
旅に出る理由を話しました。
ミキちゃんとの約束を果たす旅。
クロ「みーちゃん。

   必ず迎えに戻ってきます。
   それまで僕を

   待っててくれますか?」
みーちゃんはうなずきました。

さん「友よ。待ってるぜ。
   必要な時は

   いつでも言ってくれ!
   どんなことがあっても
   必ず駆けつける!」

翌朝、クロとチュウちゃんを
見送るために皆んなが集まりました
ふわ〜っと優しい風が吹きました。
風に乗って歌声が聴こえてきます。
とても優しい。
それでいて力強く響いてきます。
皆んなは目を閉じ耳を傾けて
聴いていました。
「おはようございます」
高い場所から声がしました。
クロ達は目を開けて顔をあげました
そこには、チュウちゃんのように
背の高い猫さんが

笑顔で立っていました。

クロ「あ、おはようございます。
   僕はクロといいます。
   今の歌声はあなたですか?」
背の高い猫「はい♬ 僕は、しんた

      です。よろしくね」
隣にいるみーちゃんはウットリ♡

クロ「ん゛ん゛。。」
クロ「素敵な歌声ですね。
   とても心に沁みました。
   これで元気に旅に出られます
   ありがとうございます!」
しんた「いえいえ♬
    喜んでもらえて嬉しいです
    僕の歌で皆んなを

    元気にしたい。それで
    旅をしているんです」
しんたさんが歌ったあとには
優しい風が吹いて
周りの花々が咲き始めました。

第19話 ピロヤンの予言 へ

第17話 マドンナとさんちゃん をもう一度

タイトルへ戻る