第4話 クロ旅に出る

「満月さま!
 僕に命をお与えください!」
窓越しから見える満月に向かい
クロは強く祈った。

静寂に包まれた部屋の中
カチカチと時計の秒針だけが
やけに大きく響いている。
月にかかっていた暗雲が

静かに流れてゆく

あー。。またダメなのかな。
クロの涙が画用紙に

にじみ広がっていく

諦めかけた・・・その時

ドスン!
クロにめがけて何かが

ぶつかってきた

その反動か⁉
画用紙に描かれたクロのからだが
フワッと浮いた。

クロは画用紙から飛び出した。

第5話 新生クロ ~ミキちゃん! へ

第3話 新生クロ ~その時、来たる!
をもう一度


タイトルへ戻る