第9話 涙の意味 ①

今日はヤス先生と外へ出る。
お庭で遊ぶことはあったけど
おうちから離れるのは初めて。
クロはドキドキワックワク♬
クロ(おそとって

   どんな感じだろう…)
クロ「ヤス先生!

   どこへ行くんですか?」
ヤス先生も

久しぶりの外出でニッコリ
優しい顔でクロを見た。

しばらく歩くと
緑のジュータンが見えてきた。
クロ「わー♬ キレイ!」
大はしゃぎで走り回る
走り疲れたクロは
緑のジュータン(芝生)に寝転んだ
クロ「お陽さま〜。お空さま〜。
白い雲さま〜。こんにちは〜♬」
ヤス先生は我が子を見守るような
優しい眼差しでクロを見ていた。

お陽さまの匂い。
優しい風の音…
懐かしい思い出が蘇る。
ヤスは静かに目を閉じた。
ワンワンワン!
はっ!
ヤス先生は目を開けた。
クロは犬の吠える声に

驚いて固まっている。

あっ! 大変だっ!
ヤス先生は慌ててクロに
手を伸ばしたが、間に合わず
クロは紙に戻ってしまった。

第10話 涙の意味 ② へ

第8話 ヤス先生の秘密 をもう一度

タイトルへ戻る